Honda Civic Si のタイムラインとマイルストーン (2024)

1986 年モデルで初めて導入されたシビック Si は、過去 40 年にわたり、ホンダのラインナップとスポーツ コンパクト セグメントのパフォーマンス アイコンとして機能し、運転愛好家に手頃な価格の高性能を提供してきました。 2022 年型のまったく新しいホンダ シビック Si は、新世代の若い熱心なドライバーのニーズを満たす、パワー、機敏性、正確なハンドリングを備えた新しいスポーツ コンパクト ベンチマークを設定します。

シビック Si は、レーストラックのスーパースターでもあり、ロード コース、ラリー、陸上スピード レース、ドラッグ レースなど、さまざまな形式の競技で勝利を収めています。その自動車レースの伝統には、1990 年に遡るコンチネンタル タイヤ スポーツカー コンテスト、ピレリ ワールド チャレンジ、SCCA 全国選手権での無数のクラス勝利とチャンピオンシップが含まれます。

1986-1987 シビック Si

  • 1986年:シビック Si は、先代シビック S のスポーティなアップグレードとしてデビューしました。シビック初の燃料噴射エンジンを搭載し、12 バルブ クロスフロー ヘッド (D15A4) を備えた 1.5 リッター SOHC 直列 4 エンジンから 91 馬力を発生しました。 、およびホンダのF1由来のPGM-FI燃料噴射。シビック Si は、標準のシビック ハッチバック モデルでは利用できないリア スタビライザー バーによりハンドリングも強化されました。
  • 1987年:ブラックバーンブラックメタリックとリオレッドが用意され、どちらも内装はブラッククロスとなった。

モデルイヤー

1986-1987

エンジン

1.5リッターSOHC12バルブ直列4気筒
91馬力
92ポンド-フィート

伝染 ; 感染

5速マニュアル

1989-1991 シビック Si

  • 1989年:シビック Si が 4 代目シビック ハッチバックとして帰ってきました。 108馬力の1.6リッターSOHC4気筒エンジン(D16A6)、新開発の前後ダブルウィッシュボーンサスペンション、超低床のボンネットラインなどが特徴。シビックは初めてカナダで生産されました。
  • 1989年:Siを含むシビックファミリーは、カー&ドライバー10ベストリストに選ばれ、シビックSi(1989年、1990年、1991年、2018年、2019年)を含む5つの栄誉のうちの最初のものとなった。
  • 1990年:1990年モデルでは、Siを含むすべてのシビックモデルは、再設計されたフロントバンパー、コーナーライト、ドアに取り付けられたシートベルトを含むわずかなデザイン変更を受けました。
  • 1991年:シビック Si は、タヒチアン グリーン パール塗装と黒色の布インテリアで利用可能になりました。

モデルイヤー

1989-1991

エンジン

1.6リッターDOHC16バルブ直列4気筒
108馬力
100ポンド-フィート

伝染 ; 感染

5速マニュアル

1992-1995 シビック Si

  • 1992年:象徴的な第 5 世代シビック ハッチバックをベースにした 3 台目のシビック Si は、インテークカムに VTEC® を搭載した 125 馬力の 4 気筒エンジン (D16Z6) を搭載し、シビックで初めて VTEC® が使用されました。シビック Si には、4 輪ディスクブレーキと初めてパワーステアリングが標準装備されました。
  • 1993年:シビックSiにボディ同色のサイドミラーが装着されました。
  • 1994年:全て 1994年モデルのSiを含むシビックグレードには、フロントデュアルエアバッグが標準装備されました。アンチロックブレーキはオプションでした。リアスピーカーが標準となり、内装には新しい市松模様が採用され、外装色のリストではアステカグリーンに代わってフロストホワイトが採用されました。
  • 1995年:変更はありません。

モデルイヤー

1992~1995年

エンジン

1.6リッターDOHC16バルブ直列4気筒
125馬力
106ポンド-フィート

伝染 ; 感染

5速マニュアル

1999-2000 シビック Si

  • 1999年:伝説的なホンダ B シリーズ DOHC VTEC® 4 気筒エンジン (B16A2) の 1.6 リッター バージョンを搭載した最初のシビック Si クーペは、160 馬力を発揮しました。この 4 台目のシビック Si には、より剛性の高いプログレッシブ レート スプリング、より剛性の高いスタビライザー バー、大型の排気システム、大型の 4 輪ディスク ブレーキ、フロント ストラット タワー ブレース、薄型 15 インチ タイヤなどの性能アップグレードも施されています。赤をテーマにした計器は、Si のインテリアに本格的なエッジを加えました。
  • 2000年:変更はありません。

モデルイヤー

1999-2000

エンジン

1.6リッターDOHC16バルブVTEC®直列4気筒
160馬力
111ポンド-フィート

伝染 ; 感染

5速マニュアル

2002-2005 シビック Si

  • 2002年:シビック Si は 2002 年モデルにハッチバックとして復活し、生産は英国スウィンドンのホンダ工場に切り替えられました。ハッチバックボディは米国市場ではSi専用であり、シビックSiには初めてホンダの新しいKシリーズエンジンファミリーが搭載されました。 2.0 リッター DOHC i-VTEC® 4 気筒エンジン (K20A3) は、160 馬力と 132 ポンド-フィートを発生しました。際立った特徴は、ダッシュボードに取り付けられ、ドライバーが簡単に手が届く「ラリースタイル」のギアレバーでした。シビック Si には、初めて 5 ボルト ホイール ハブとホンダ ファクトリー パフォーマンス (HFP) キットも用意されました。
  • 2003年:シビックSiは、外装色にビビッドブルーを採用し、遮熱ガラスを採用した。
  • 2004年:アップデートには、16 インチ アロイ ホイール (15 インチから)、再設計されたヘッドライトとテールライト、インストルメント パネルとドアのシルバー トリムが含まれます。
  • 2005年:変更はありません。

モデルイヤー

2002~2005年

エンジン

2.0リッターDOHC16バルブ-VTEC®直列4気筒
160馬力
132ポンド-フィート

伝染 ; 感染

5速マニュアル

2006-2011 シビック Si

  • 2006年:8 代目シビック クーペをベースにした、洗練されたスタイルでスポーティなシビック Si は、197 馬力を発生する i-VTEC® (K20Z3) を備えた高回転 2.0 リッター 4 気筒エンジン、標準のリミテッドスリップ ディファレンシャル、および初の6速マニュアルトランスミッション。
  • 2007年:史上初のシビック Si セダンがデビューし、同世代で 2 つの異なるボディ スタイルが用意された初めてのシビック Si が誕生しました。クーペと同じパワートレインと強化されたハンドリングを誇る Si セダンは、最終的に最も人気のあるボディ スタイルになりました。
  • 2008年:限定版 Mugen Si セダンは、特別に調整された排気システム、スポーツ調整されたサスペンション、および専用のエクステリアおよびインテリア スタイルを備え、特別なフィジー ブルー ペイントで導入されました。
  • 2009年:Siを含むすべてのシビックモデルは、新しいフロントバンパーとグリル、フロントとリアのクリアレンズとアンバーバルブを備えたウインカー、リアスポイラーの赤色ではなく透明の第3ブレーキライト、クロームトランクトリムなど、改良されたエクステリアスタイルを特徴としています。セダン用。
  • 2010年:シビック Si は、シルバーに代わって新しい黒色のエンジン カバーを受け取りました。
  • 2011年:変更はありません。

モデルイヤー

2007 ~ 2010 年

エンジン

2.0リッターDOHC16バルブ-VTEC®直列4気筒、
197馬力
139ポンド-フィート

伝染 ; 感染

6速マニュアル

2012-2015 シビック Si

  • 2012年:9 代目シビック セダンおよびクーペをベースに、シビック Si は、史上最大のエンジン、201 馬力の新しい 2.4 リッター i-VTEC® 4 気筒エンジン (K24Z7) を搭載してシビック ラインナップに戻りました。リミテッド・スリップ・ディファレンシャルが再び標準装備として取り付けられました。 EPA の推定高速道路燃費評価は最大 31 mpg でした。
  • 2012年:ホンダ パフォーマンス ディベロップメント (HPD) は初めてシビック Si をホワイトのボディとして提供し、レース チームがサスペンション、エンジン、トランスミッション、レーシング インテリアを含む完全にカスタマイズされたレースカーを構築するための白紙のキャンバスを提供しました。
  • 2013年:シビック Si とその他のシビック ラインナップは、新しいフロントとリアの外装、インテリアトリムの大規模なアップグレード、ステアリングとサスペンションの再調整など、大幅な刷新を受けました。ボディ構造は、複数の領域に高張力鋼を追加することで剛性が向上しました。
  • 2014年:シビック Si クーペとセダンはどちらも、最高出力 205 馬力および最高 174 ポンドフィートまで追加のパワーとトルクを獲得しました。シビック Si クーペには、新しいボンネット、フロントフェンダー、ヘッドライト、テールライト、新しい Si 専用フロントバンパー下部ガーニッシュ、リアディフューザー、リアスポイラーなどのスタイリング変更も加えられました。内部では、Si 専用のシート生地とトリムがスポーツ指向の黒と赤の配色で強化され、オーディオ パネルにはレースにインスピレーションを得たハイテクなカーボンファイバー スタイルのデザインが採用されました。
  • 2015年:変更はありません。

モデルイヤー

2012-2013

エンジン

2.4リッターDOHC16バルブ-VTEC®直列4気筒、
201馬力
170ポンド-フィート

伝染 ; 感染

6速マニュアル

モデルイヤー

2014-2015

エンジン

2.4リッターDOHC16バルブ-VTEC®直列4気筒、
205馬力
174ポンド-フィート

伝染 ; 感染

6速マニュアル

2017-2020 シビック Si

  • 2017年:高い評価を得た第 10 世代シビック セダンおよびクーペをベースに開発されたシビック Si は、初めて工場出荷時のエンジン ターボチャージャを搭載しました。 205 馬力の 1.5 リッター ターボチャージャー付き 4 気筒 (L15B7) は 192 ポンド-フィートを発生しました。シビック Si 史上最大のトルク。ノーマルモードとスポーツモードを備えた新しい調整可能なサスペンションダンパーシステムとリミテッドスリップディファレンシャルが標準装備されました。
  • 2018年:HPD はターンキー シビック Si レースカー プログラムを開始しました。このプログラムを通じて、HPD のレーシング ラインを通じて登録したレース チームは、SRO ピレリ チャレンジ TCA、カナダ ツーリングカー選手権 (CTCC) ツーリング クラス、SCCA T3、および NASA H2 クラス用に完全に装備されたこれらの車両を購入できます。
  • 2019年:標準のディスプレイオーディオシステムには物理ボタンとボリュームノブが装備されていました。より直感的なステアリングホイールコントロール、大型のカップホルダー、ファン速度の物理ボタンも新しくなりました。セダンにはプラチナホワイト・パール、クーペにはトニックイエロー・パールを設定した。
  • 2020年:シビック セダンとクーペは、新しいフロントおよびリアフェイシア、新しいマルチエレメント LED ヘッドライト、LED フォグランプ、および新しいマットブラック 18 インチホイールを備えたスタイルと機能のアップデートを受けました。インテリアのアップデートには、赤いアクセントが付いた新しいスポーツシートと、インストルメントパネルを強調する赤いトリムが含まれていました。シビック Si に初めて追加された、Honda Sensing® スイートの安全性と運転支援技術が標準となりました。

モデルイヤー

2017-2020

エンジン

1.5リッターDOHC16バルブターボ直列4気筒、
205馬力
192ポンド-フィート

伝染 ; 感染

6速マニュアル

2022年~現在 シビックSi

  • 2022年:これまでで最も運転が楽しいシビック Si であるまったく新しい 2022 シビック Si は、200 馬力の 1.5 リッター ターボチャージャー付き 4 気筒を備え、トルク ピークが低くなり、より優れたドライバビリティを実現するためのより広い馬力曲線のおかげでピーク パフォーマンスが拡張されています。シビック タイプ R の自動レブマッチング機能を備えた 6 速マニュアル トランスミッションとリミテッド スリップ ディファレンシャルも標準装備されています。 2022 シビック Si は、これまでよりも剛性の高い最新のボディ構造と、さらに応答性の高いハンドリングを実現するために再調整されたサスペンションを備えています。キャビンには、標準のBoseプレミアムオーディオ、専用のボディスタビライジングシート、赤いアクセントが備わっています。

モデルイヤー

2022年~現在

エンジン

1.5リッターDOHC16バルブターボ直列4気筒、
200馬力
192ポンド-フィート

伝染 ; 感染

レブマッチング機能付き6速マニュアル

# # #

トップに戻る

写真をダウンロードする写真をバスケットに追加

2022 ホンダ シビック Si

ダウンロード

  • 6000×4000 (19.59MB)
  • 1200×800 (807KB)

キャンセル

トップに戻る

Honda Civic Si のタイムラインとマイルストーン (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Margart Wisoky

Last Updated:

Views: 6021

Rating: 4.8 / 5 (78 voted)

Reviews: 93% of readers found this page helpful

Author information

Name: Margart Wisoky

Birthday: 1993-05-13

Address: 2113 Abernathy Knoll, New Tamerafurt, CT 66893-2169

Phone: +25815234346805

Job: Central Developer

Hobby: Machining, Pottery, Rafting, Cosplaying, Jogging, Taekwondo, Scouting

Introduction: My name is Margart Wisoky, I am a gorgeous, shiny, successful, beautiful, adventurous, excited, pleasant person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.