走行レポート:Kawasaki Ninja 300:さらなる一口:新型Kawasaki Ninja 300のテスト走行 (2024)

MOTORRADが15か月前にKawasaki Ninja 250 Rをテストしたときに書いたように、このセグメントのパフォーマンスと高回転エンジンが好きなら、小さなNinjaを無視することはできません。そしていま?エンジンは 9000 回転ではなく、6000 回転から大幅に前進し、そのすぐ後に流体曲線のスイングに十分な圧力を供給し、中間スプリントでは 5 桁の範囲のみを要求します。ポイントは何ですか? 7.8ミリです。ボアは変わらず、ストロークが大幅に長くなり、以前の 250 ツインが 300 バージョンに変わりました。

記事をダウンロード

走行レポート:Kawasaki Ninja 300

さらなる一口:テスト中の新型カワサキNinja 300

完全な記事をお届けします(2ページ)PDFとして

しかし、まず最初に。彼女はカワサキ ニンジャ 250 R という小さな成功物語を書きました。2008 年に市場に発売されたとき、一部のスーパー スポーツ フリークはそれを盆栽レーサーだと笑いましたが、この小さなスピードスターはすぐに予想外に大きなファン層を獲得しました。 3 年連続でドイツで最も売れたオートバイのトップ 50 に入っています。昨年カワがこの部門でトップの座を奪われたのは、単気筒でありながら ABS を装備したホンダ CBR 250 R との競合だけだった。

Ninja 250 Rのリトレッド

走行レポート:Kawasaki Ninja 300:さらなる一口:新型Kawasaki Ninja 300のテスト走行 (1)

川崎

新しいコックピット: たとえパフォーマンス曲線がより充実したものであっても。 300にはスプリント用のスピードも必要です。限界: 13,000 rpm。

そしていま?前述の移動割増料金は、一連の変更全体のほんの一部にすぎません。ピークパワーが 6 馬力向上したこと、ホッピング防止クラッチ、より幅広のリアタイヤ、より角張ったスタイルのフェアリング(エアリーなリアを含む)など、Ninja は完全に刷新されました。

注目はもちろん強化されたエンジンだ。排気量が 20% 増加したことにより、33 馬力ではなく 39 ニュートン メートル、22 ニュートン メートルではなく 27 ニュートン メートルを備えた並列ツインは、ほぼ正確に 20% 多いピーク出力と最大トルクを生成します。おそらく、「運転がずっと楽しくなった」と言えるでしょう。なぜなら、小さなモーターは模型飛行機ユニットのようにゴロゴロと鳴き、心ゆくまで握ることができるからです。

追い越し?ギアを2段落とし、リミッター手前でオフにして発進します。スプリントの合間にストレートを取りながら、カーブを積極的にウィービングしますか?ディト。より軽いピストンのおかげで、このツインは最大 13,000 rpm (Ninja 250 R: 13,250 rpm) で回転し、ほとんど振動せず、スピード乱交を促進するため、小型の前モデルを思い出させます。違い: 大手は何か違うこともできる。エンジンをコーナーから抜け出し(6000 rpm から動作)、素早く加速(8000 rpm から動作)し、適切に測定された方法で勢いを維持します(6000 rpm から 9000 rpm の間で動作)。これにより前例のない平和がもたらされます。この種の活発な田舎道を走る場合は、5 速と 6 速で十分です。

注意してください: 39 馬力について話しています。これはホームルートで記録を樹立できるという意味ではありません。この低反応エンジンを背景に、新しいアンチホッピング クラッチとそのサーボ デバイスは、レバーを引く動作を指 1 本で行うことができるため、ほとんど贅沢品と言えます。まだあるといいですね。そして、実重量174kgと幅広の140mmリアタイヤにもかかわらず、カーブでも驚くほど機敏なままの特に安定したシャシーも楽しい。

小さな忍者は成長しました

走行レポート:Kawasaki Ninja 300:さらなる一口:新型Kawasaki Ninja 300のテスト走行 (2)

川崎

フェアリング、タンク、ホイール、リア、サイレンサーは、新しいものと古いものを視覚的に区別します。 Ninja 300の価格は未定。

ショックアブソーバーがより快適に機能するのはリアのみであり、スプリングプリロードが最大に軽減されているにもかかわらず、木のような IRC タイヤは限られた範囲でしかフィードバックを提供しません。そして、私たちは不満の主題について話していますが、バックミラーはもう少し広く、ブレーキはもう少しキビキビしたものになる可能性があります。後者は許されます。ドイツに輸入されるすべての 300 には初めて ABS が装備されることになります。小さな忍者が成長したことのさらなる証拠 - いずれにせよ、アップグレードにより視覚的にも技術的にもより魅力的になりました。

それは新しいです

走行レポート:Kawasaki Ninja 300:さらなる一口:新型Kawasaki Ninja 300のテスト走行 (3)

川崎

アダム・リース氏: 排気量が 20% 増加すると、出力も 20% 増加します。スムースツインは39馬力を発生します。

モーター:
排気量の増加 (249 から 296 cm3 へ)
ストローク延長(41.2→49mm)
ピークパフォーマンスの向上 (33 馬力から 39 馬力へ)
インレットバルブの大型化(1mm)
圧縮の減少 (11.6 から 10.6:1 へ) スロットルバルブの直径の増加 (28/35.5 mm から 32/40.2 mm)
ピストンの短縮 (7.5 mm) と軽量 (4.6 g)
シリンダーライター(600g)
エンジンオイル量増加(1.7リットルから2.4リットル)
サーボおよびアンチホッピング機能付きクラッチ

着陸装置:
リアタイヤの幅が広くなりました (130 ではなく 140)
より繊細なホイールデザイン
スーパースポーツデザインのフットレスト (ゴムパッドなし)

その他:
ABS標準装備
新デザインのフェアリング、計器類、タンク、サイレンサー
前席のシートがスリムになりました

技術データ

モーター:
水冷 2 気筒 4 ストローク インライン エンジン、2 つのオーバーヘッド、チェーン駆動カムシャフト、シリンダーあたり 4 つのバルブ、バケット タペット、ウェットサンプ潤滑、インジェクション、Ø 32 mm、調整式触媒コンバーター、オルタネーター 322 W、バッテリー 12 V/8Ah、機械式多板オイルバスクラッチ、6速ギアボックス、Oリングチェーン、セカンダリレシオ42:14。
ボア×ストローク 62.0×49.0mm
排気量 296 cm3
圧縮比 10.6:1
定格出力 29.0 kW (39 HP) (11,000 rpm)
最大トルク 27 Nm(10,000 rpm)

着陸装置:
スチール製ブリッジフレーム、テレスコピックフォーク、Ø 37 mm、スチール製ツーアームスイングアーム、レバーシステム付きセンタースプリングストラット、調整可能なスプリングベース、フロントディスクブレーキ、Ø 290 mm、ダブルピストンフローティングキャリパー、リアディスクブレーキ、 Ø 220 mm、ダブルピストンフローティングキャリパー、ABS。
Alu-Gussräder 2.75 x 17; 4.00×17
タイヤ 110/70 ZR 17; 140/70ZR17

質量と重量:
ホイールベース1405mm、ステアリングヘッド角63.0度、キャスター93mm、サスペンショントラベルf/h 120/130mm、シート高785mm、空重174kg、タンク容量17.0リットル。
2年保証
カラー グリーン、ブラック
価格は指定されていません

比較テスト:ホンダ CBR250Rとカワサキ Ninja250Rスモールスーパーアスリートがテストに参加 続きを読む

ホームページへ

走行レポート:Kawasaki Ninja 300:さらなる一口:新型Kawasaki Ninja 300のテスト走行 (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Maia Crooks Jr

Last Updated:

Views: 5991

Rating: 4.2 / 5 (63 voted)

Reviews: 94% of readers found this page helpful

Author information

Name: Maia Crooks Jr

Birthday: 1997-09-21

Address: 93119 Joseph Street, Peggyfurt, NC 11582

Phone: +2983088926881

Job: Principal Design Liaison

Hobby: Web surfing, Skiing, role-playing games, Sketching, Polo, Sewing, Genealogy

Introduction: My name is Maia Crooks Jr, I am a homely, joyous, shiny, successful, hilarious, thoughtful, joyous person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.